自宅にピアノがあるけど今は誰も弾いていないという状態なら、そのまま放っておかずに早いうちに処分した方がいいでしょう。高いお金を出して購入したピアノですから、処分するのは勿体ないと思ってしまうのも当然です。しかし、ピアノはただ処分するのではなく買取してもらうことができるので心配はいりません。

ピアノを買取してもらうためには初めに査定を受ける必要があります。一つの会社で査定を受けるだけでは、提示された金額が高いのか安いのか判断できません。買取を希望する際は、一社だけでなく複数の会社に依頼して金額を出してもらうことが大切なポイントになります。金額を比較すれば一番高値で買取ってくれる会社が見つかりますから損をすることはありません。

ピアノを売りたいという希望をお持ちでしたら「ズバットピアノ買取比較」という「ピアノ買取価格を一括査定できるサイト」の利用をおすすめします。インターネットを利用してズバットピアノ買取比較のサイトを表示してみましょう。このサイトを利用すれば弾かなくなったピアノを高値で売却することができます。

何と最大で5社に一括査定が依頼できるうえ、利用料金はもちろん無料です。一括査定を依頼する際は案内に沿って必要な項目を入力していくだけで構いません。誰でも簡単に操作ができるようになっているので、早速試してみましょう。

超簡単!ズバットピアノ買取比較の利用方法

初めにピアノのメーカー名とピアノを置いている場所の郵便番号を入力します。さらに詳しい情報を入力していきますが、必須項目の部分は必ず埋めるようにしましょう。ピアノの種類の項目ではアップライトピアノかグランドピアノ、電子ピアノ、エレクトーンを選択することになります。

モデル名と製造番号、ペダルの本数も必須項目となっています。さらに詳しい住所や建物の種別、所在階、エレベーターの有無などを選択したら依頼者の氏名と連絡先を入力します。電話とメールアドレスは必須項目ですから正確に記入しましょう。

入力した情報を送信したら、買取を行う会社からの連絡を待つだけです。提示された金額を比較し、十分検討したうえで自分の希望に合った会社を選びましょう。

ズバットピアノ買取比較に参加している買取会社は数十社にも及んでおり、その中からエリアや条件に合った会社が査定を行います。どの会社が参加しているか知りたいときは、ズバットピアノ買取比較のサイトをチェックしてみるといいでしょう。※ズバットピアノ買取比較のサイトには他にも役立つ情報が満載です。おすすめコンテンツにはピアノを高く売る方法なども掲載されています。

ピアノ買取価格を高くするにはクリーニングなどのケアが大切

ピアノ買取業者は、保存状態や製造時期を元に査定額を決めています。製造時期は所有者が変更することはできませんが、保存状態を良くすることで少しでもピアノを高く売ることができます。

状態を良くするには、査定される前にクリーニングするのがおすすめです。プロのクリーニングを依頼することも可能ですが、クリーニング代が高くなれば査定額が高くても利益が少ないので、自分でできる範囲のケアを行います。

ピアノ専用のクリーナーを用意します。ピアノの部品はデリケートなので、家庭用洗剤や歯磨き粉などを使うと傷の原因になります。クリーナーが古くなっていたら新しいものに買い替え、刷毛も専用の柔らかいものを使います。

外装部分は、楽器に用いるハンディモップや柔らかい布で拭きます。ピアノカバーを使っている人も多いので、カバーを取った状態でホコリを除去し、カバーの素材によっては丸洗いすることで見た目がきれいになります。

鍵盤は人間の汗や皮脂が最も付着しやすい場所です。柔らかい布で拭きますが、クリーナーを付けすぎないように注意します。クリーナーが鍵盤の間に詰まると音質が低下します。鍵盤の掃除は時間をかけながら丁寧に行います。

譜面台など汚れが落ちにくい場所は、綿棒でホコリを掻き出します。またピアノの音を新品のように保つには、床にそのまま置くことは禁止です。フローリングの洋室では、インシュレータを脚に付けて、絨毯の上に置きます。和室ならば畳なので、敷板を置いてからピアノを載せます。

防音や防振など高性能の部品と交換しても査定額は上がりますが、元々ピアノを購入した時にあった付属品を持っていることが重要です。ピアノの重さで床が傷まないためのボードや、床暖房の部屋でもピアノが弾ける断熱性ボードなど様々な付属品があります。

これらの付属品を持って査定に出せば、次に使う人にとって便利なので高く売ることができます。グランドピアノは大きくて形状も独特なので、付属品の種類が多いです。

鍵盤用のカバーなどにメーカーのロゴが入っていると新品のように見えます。電子ピアノでは、グランドピアノやアップライトピアノよりも付属品が重宝されます。

付属品の種類も多いですが、一つのモデルにしか対応しないことが多いので、電子ピアノだけを買って十分な付属品を用意できるか分かりません。椅子やマットだけでなく、自動演奏機能付きのディスクや録音用のマイクなどが必要です。

電子ピアノの買取について更に詳しく

電子ピアノはアコースティックピアノとは違って、いつでも気軽に楽器演奏の楽しさを味わえる便利な商品です。ほとんどの機種にはヘッドホン端子がついてるので、夜中でも騒音を気にせずにピアノの練習をすることができます。

また、ピアノに興味を持ったお子さんに初めに与えるピアノとしても最適な商品といえるでしょう。お子さんにアップライトピアノやグランドピアノをいきなり購入してあげるご家庭もありますが、有料でメンテナンスや定期的な調律をしてもらう必要があるため、購入後も経済的な負担があります。

お子さんが万が一ピアノに飽きてしまった場合、せっかくの高価なアコースティックピアノが無用の長物になってしまう可能性もあるでしょう。比較的安い値段で入手することができる電子ピアノなら、お子さんのために気軽に購入してあげることができます。

現在、電子ピアノに対する需要は高く、国内、海外の有力メーカーから次々と高性能な製品が開発、販売されています。ピアノ学習の入門楽器としての用途以外にも、バンド演奏などで気軽にスタジオに持ち運んで演奏を楽しんだり、パソコンと接続して音楽制作に使用することも可能です。

電子ピアノは人気の高い楽器なので、業者に高値で買い取ってもらえる可能性があります。有名メーカーの比較的新しい機種はもちろん、古くなった商品でもビンテージ価値があるものなら高額で買い取ってもらえるチャンスがあります。

しかし、不用になったピアノを売却する際は、業者を慎重に選ぶ必要があります。例えば、様々な商品を買い取るようなリサイクルショップに買取を依頼した場合、ピアノの知識が不足しているスタッフが査定を担当することも多いため、安値で買い取られてしまう可能性があります。

ピアノを売りたい時は、知識の豊富な専門の業者に見積もりを依頼することをおすすめします。できるだけ高値で買取してもらうには、複数の買取業者に無料見積もりを申し込むことが大切です。情報参考元:ピアノ買取ラボ.com

現在はインターネットで簡単に無料見積もりを申し込める業者が増えているので、一昔前に比べて高く買取してくれる業者を効率よく見つけ出すことができます。しかし、複数の業者に一つ一つ見積もりを申し込むことを面倒に感じる方は少なくないと思います。

ズバットピアノ買取比較では、一度の申し込みで複数の業者に無料見積もりを同時に依頼することができます。各社の見積もり結果を比較して、もっとも高い査定額を提示した業者に買取を申し込むことで、不用な電子ピアノを満足できる金額で売却することができるでしょう。